▼目次 日焼け止めランキングを見極める!

目次

POINT高校生や部活生のための日焼け止めランキングを見極める方法をまとめました。日焼け止めランキングは大人向けの情報として載せられている場合が多く、高校生や部活生の事情に適した内容のランキングがいまいち無いところが残念な日本なんです。高校生、特に部活をやっていると、日焼け止めは必須のアイテム。でも、立ちはだかるのは校則などなど。そんな高校生や部活生の事情に合わせて日焼け止めのランキングを効率よく見ていくその必殺術をお教えいたしますよ!

高校生のための日焼け止めランキングを見極める

ピチピチ肌の10代にばっちり合うランキングを見極める方法とは。

高校生といえば部活に励むような子もいると思いますので、その事情も考えてくれているランキングがいまいち無いのが困るんですよねー。

高校生といえばいろいろと思い出しますねー。正直、一番金欠だった頃のような気がします(涙)

お小遣い制でも月に3000円とかしか無くて、「日焼け止めなんておとなになってからでいいんだー」みたいな謎理論が親の間で流行ってて、「どこどこのお家も日焼け止めなんて買ってないらしいよー」なんて言われて、「人んちカンケー無いぢゃん!」とか言って反抗期してたの思い出します(笑)

そんな高校生のお財布事情なんか大手企業は知ったこっちゃないので、高級高性能な日焼け止めラインナップをバリバリ出してきて、お小遣い圧迫の原因になったりしてるんです。

高校生にとっては一番の成長期で、肌には気を使っているのが当然と言えるのが今の高校生の事情だと思います。

今はスマホで日焼け止めランキングなんて情報も、日焼けの影響なんて情報も簡単に見ることができるようになった時代なのです。

若い子の間では全く肌には気を使わないという意見もあるんですが、本音を聞けば、「将来的にシミの出来やすさに影響したりしないか心配」という声も。

こういうのを見ると、日焼けは将来的にシミができる可能性を高めるなんてことも言われてるので、気にしない女子高校生はいないと言ってもいいでしょう。もちろん男子高校生も!

「若いうちは日焼け止めはいらない」なんていう謎理論の横行で私達の美肌が、日光によってどんどん侵されてしまうのです!!

日焼け止めは高校生の一番の成長期のときに一番必要なのを大人は分かってない!

そんなわけなので、高校生のお財布事情にも優しい日焼け止めランキングの見極め方を解説していきますよ!

日焼けの影響~高校生~

高校生のときに日焼けしても、若いからすぐ治る!と思っているそこのあなた。

確かに日焼けは若いと新陳代謝が早いので、見える部分の治りはとても早いです。

でも、日焼けの怖さは、紫外線の強力さにあるんです。

日焼け止めランキングには詳しい説明が書かれてあったりしますが、日光にはいろいろな波長の光が含まれていて、それぞれ日焼けをどんなふうに起こすかが違ってきます。

肌の炎症を起こすタイプの日焼けであれば、高校生のぴっちぴちの若い肌ではすぐに治ってしまいます。

でも、細胞の遺伝子=DNAを傷つけるタイプの日光の場合、細胞のDNAを治す作用がうまく行かなかった場合に、美肌維持の壁となることがあるんです。

正常な細胞増殖を行えないと言う意味ではガンに近いとも言えます。

怖いのは、皮膚がんの原因になること。

美肌への影響も怖いですが、転移の早いと言われる皮膚がんも怖いので、若い頃からの日焼け対策は重要なんです。

日焼け止めランキングでも多くがこの点に警鐘を鳴らしてるんです!

謎理論の、「日焼けは新陳代謝とともに皮膚が入れ替わっていくので大丈夫!」というのは間違いなので、日焼け止めを確実にしていきましょう!

日焼けの怖さは、DNAの損傷とDNAの修復失敗という状況が重なることで、長年蓄積されていってしまうという部分なんです。

高校生の頃からの日焼け止め対策は、十年後の自分の美肌と健康を目標としていることをしっかりと覚えておきましょう。

高校生のための日焼け止め解説

日焼け止めの役割は、日焼けを防ぐことにありますが、日焼けの何を防ぐのが目的かを知っておきましょう。

日焼けを起こす日光は肌に対して大きく分けて2種類の強い光を含んでいます。

地上まで届く量は少ないけどすぐに日焼けの症状が出る強い日光と、地上にたくさん降ってきて皮膚の奥まで影響する強い日光の2つです。

このふたつが日焼けに大きく関係する日光なんですね。

若い高校生でも、このふたつの日光はDNAに影響を与えるので、日焼け止めで防ぐことが必要になってくるんですね。

この2つの日光はUVBとUVAと呼ばれてます。

UVBは直接DNAを傷つけますが、降ってくる量は少ない。

UVAは間接的にDNAを傷つけますが、降ってくる量が多い。

日焼け止めはこのふたつの日光を防ぐことを目的に作られています。

日焼け止めに書かれているPAとSPFは、それぞれUVAとUVBを防ぐ効果がどのくらい高いかを示してます。

効果が高ければ良いって言うわけではなく、効果が高いと、それだけ含まれている化学物質も多くなるので、肌にはあまり良くなかったりします。

自分の肌の敏感さと相談して日焼け止めを選ぶことが必要になってくるんですね。

高校生の日常を考えた日焼け止めランキングの見極め方

通学時に足や腕が露出する制服を着ることや、授業に体育が含まれたりと、何かと外での活動で日光にさらされる高校生。

そして何よりお財布事情も考えないといけない高校生。

そんな日光に理不尽にさらされてしまう高校生向けの日焼け止めランキングの見極め方を知っておきましょう!

高校生は朝8時くらいから夕方16時位までで、部活とかあると19時とかになったりします。

なので、日中の一番日光が当たる時間で活動しているわけです。

体育なんかもあったりして、日光に直接さらされる時間も多いので、PAとAPFは高いものが必要。

というわけで、PA+++以上、SPF50以上を基本にしましょう。

加えて高校生の独特な事情、校則とか、生活指導とか。

おそろしい学校もありまして、校則で禁止するという、体罰に匹敵するような悪校則を出している高校もありまして、その対策が必要なわけです。

下着の色とかまで指定してくるセクハラ校則まである日本ですから、アホで危険なセンコー対策をする必要があるわけです!

日焼け止めを塗っているとは分かりづらい色味!そしてバレにくい香り!これが必要になってくるわけです!

化粧水配合の日焼けどめは確かに美肌を育成するのには必要ですが、多くの場合、香りがついていたり、若干肌を美白に見せたりするおまけがあったりして、高校生には向きません。

化粧水成分のものは高校生のための日焼けどめランキングとしては不向き!

実際にお試しで塗れる店というのも多くはないので、この部分、ランキングを見極める上では重要ですよ!

高校生の日常視点でランキングを読む!

日焼け止めのランキングを高校生目線で読むときに欠かせないのが、高校生の日常を考慮することですよね!

高校生の日常、それは日光との戦いでもあります。

特に女子高生の夏は制服の構造もあって、日光との全面戦争でもあるわけですから、日焼け止めは絶対に必要です。

校則で日焼け止め禁止とか言ってるところもありますが、高校が将来の婚活とかまで面倒見てくれますか?

婚活のときにシミとシワとか、日焼けが原因の可能性のある肌老化を高校の先生が責任とってくれますか??

「君誰だっけ?」って言われるのがオチですよねー(涙)

なので、高校生の視点としてはこの生活指導の先生なんかをごまかせるナチュラル系日焼け止め、が必要になってくるんです。

校則対策の日焼け止めランキング!なんてものがないので、個々人で日焼け止めランキングの中から校則に適したランキングを見極めていかなければならないんです(怒)

そんな高校生の日常と、敵対する校則の視点でランキングを読んでいきますよ!

高校生の日常で日光にさらされる時間と言えば登下校に体育に部活。

日焼け止めランキングを見て言う上で、この日常の日光にさらされる時間帯を考慮に入れたランキングの読み解き方は重要なんです。

そしてこの中でも特に日光にさらされる可能性が高いのが部活。

高校生のうち部活に入っている人は多いと思います。

夕方の、一番日差しが強い段階で外での活動をしている部活は、日焼け止め必須の条件が揃っているんですね。

この部活に注目した日焼け止めランキングの見極め方にも要注意です!

日焼け止めの必要な高校生の日常

日光との全面戦争をする高校生の日常は、社会人と比べて、圧倒的に日光にさらされる時間が多いんです。

とはいっても社会人の仕事にもよりますけどね。

オフィス作業の多い社会人であれば、日光を気にしすぎなくてもいい環境だったりしますが、高校生はそうは行きません。

体育の授業で無理やり外で運動させられたり、日光の強くなってくる時間帯に登下校させられたり。

運動系の部活をやっていれば、否応なしに日光にさらされることになります。
そして最悪は校則。何故か校則で日焼け止めを禁止したりするところがあるとか。

そんな若い頃からの肌老化の責任を取れないような校則は無視するのが一番です!

とは言え、校則は校則。ある程度尊重はするべきものなので、バレない日焼け止めをランキングから選び出すことが必要なのです。

体育の授業は特に注意が必要で、汗やプールなんかで日焼け止めが落ちてしまうという事態になる可能性があって、塗り直しも必要になってきます。

さっと取り出せてぱっと塗れる、というところも高校生のための日焼け止めランキングを見極めるには重要なところなんです。

部活をする高校生のための日焼け止めランキングの見方

高校に入って部活をしない人は少ない(そんなことない?)と思っています。

青春で身体を動かすというのは、とても有意義で、将来的にもいい経験になるからなんですが、日光は別です。

日光だけは将来に影を落としてしまう原因になるので、容赦はしてはいけません。

部活をやるということは、同時に日光と直接対決をすると言っても過言ではないのです。

文化系の部活であればやや緩い日焼け止めランキングから探しても良いんですが、運動系の部活、特に室外、最強は水泳部なら、最強の日焼け止めランキングから最も部活に適したものを探す必要があるわけです。

部活をする人であれば、この点は必ず肝に銘じておきましょう。

将来の美肌を高校生のうちから意識することで、未来の美肌勝ち組になることを意識することが重要なのです!

部活動のうち標準的な運動部であれば、日焼け止めランキングでみるべきは、シンプルにウォータープルーフタイプのものですね。

汗や皮脂なんかも弾くタイプを日焼け止めランキングから探すのが一番いいです。

もちろん、部活動内や、校則で禁止されている可能性もあるので、特に強豪校ではそういう傾向があるとか…なので、匂いや、服についたときに色がついてしまうようなものはNG。

極力無香料で、色もナチュラルなものや無色透明なものが良いと思います。

日焼け止めランキングの、部活に適した見極め方としては、この点が結構厄介なんですね。

まずは無香料。日焼け止め成分を含むので、その成分の臭いをごまかすために香料を入れていたりすることがあります。

成分に香料と書かれているものは、注意が必要ですね!

また、化学反応後に臭いを発生させることもあるので、そういった成分が含まれていないかもチェック!

日光にさらされている時間や、汗にさらされる時間の長い部活では特有の事情なので、なかなかランキングで言及されてなかったりしますから要注意!

次に色成分。この色は、日光を反射して肌から守る成分の色であることが多くて、基本的に白いものが多いです。

化粧品としての機能をもたせた日焼け止めなんかもあって、これはファンデ色だったりするため、NG。

無色透明タイプの日焼け止めも最近では結構多くあるので、日焼け止めランキングを部活の視点で見極めるときには重要な項目です。

POINT1000円以下の日焼け止めランキングを見極める!日焼け止めは肌に直接塗って、何時間もそのままということが多いので、お肌に対する刺激はかなり気を使いますよね。体の皮膚よりも顔の皮膚のほうが薄く、日焼け止めでも、顔専用のものが必要になってきます。でも日焼け止めは毎日使うもの。コスパには気をつけたいというのが本音です。そこで1000円以下の日焼け止めランキングを見極めて、1000円以下のランキングにあるものでも顔に塗って安心できるものを探し出しましたよ!日焼け止めを顔に安心して濡れて1000円以下。こんな高コスパな日焼け止めは実在するんですよ!

日焼け止めは顔に塗るのと身体に塗るので違う!?

身体と顔の日焼けは結構違っているんです。

顔の皮膚が弱いとか、体の皮膚が強いとかいろいろ言われてはいますが、その具体的な違いをまずは知って、その上で日焼け止めのランキングを見ていくと違う重要さに気付くんですね!

お肌の違い分かってますか?ここがいちばん重要なところなんですよ!

また、1000円以下の日焼け止め、安いからと言ってずっとテキトーに買ってませんか?

これ、実は結構見るべきところを見ておかないとやばかったりするんですよね。

日焼け止めランキングで重要なポイントを解説しちゃいます。

顔に塗るための日焼け止めを意識する!

まずは顔を重視した日焼け止めランキングの見極め方から。

顔の皮膚と体の皮膚が違うのというのは事実なんです。

実は顔の皮膚は体の皮膚とは違って、かなり薄いんです。

特に表皮部分で見ていくとわかるんですが、一番美肌の影響を受ける表面部分はなんとラップ並みの薄さというから驚きです。

更に、体の皮膚に比べて、皮脂腺という部分が多い。

この皮脂腺ってなにかと言いますと、気温に反応して皮膚からの水分の蒸発を防ぐ、いわゆる肌の潤いを保つ役割を担う油です。

皮脂って言うと、頭皮の匂いの原因とか言われるあれですね。

そう、頭の部分で特に多いのが皮脂腺、次いでTゾーンつまりデコラインと鼻ラインのところですね。

テカリの原因ともなる皮脂は極力抑えたいと思うのも日焼け止めに期待してしまう機能ですね。

これだけでも体の皮膚と顔の皮膚がぜんぜん違うというのが分かります。

そう、日焼け止めは1本で体も顔も…とは行かないんですよ!

シャンプーは頭用、ボディソープは体用、そして洗顔は専用のソープ…これって結構常識になってきてますよね?

まさかボディソープで頭洗ったりしませんよね…?

なので、日焼け止めも当然、ボディ専用、顔専用のものが必要なんです。

特に洗い流すシャンプーやボディソープと違って、長時間つけておくものですから、敏感な肌である顔をボディ用の日焼け止めで間に合わせる、なんてことはもっての外なんですよ!

顔の肌事情と体の肌事情とをしっかり知って日焼け止めランキングを見極めていきましょう!

日焼け止めランキングも最近では顔用と体用で分けてきているのもありますので、日焼け止めも進化してきていると言えますよ!

顔に塗る日焼け止めランキングを見極めよう

顔用には肌の状態を考えた、スキンケアも含めた日焼け止めが良いということは誰もが思うと思います。

一方で、体には日焼けが出来るだけでないように、多少刺激があっても紫外線を強くブロックできる成分が良いと思います。

体は顔の皮膚よりも強いというのはありますが、そこはアレルギーなども考慮して、試し塗りなんかをしながら自分にあったものを探していくと良いと思います。

幸い、服で隠れる部分も多い体なので、試し塗り用の場所をうまく作ってあげれば、ちょっと失敗しても目立たずに済みます。

一方で顔。顔は試し塗りするにも全部露出しているのが普通なので、なかなかお試しが難しいんですね。

そこで日焼け止めランキングを見極める必要が出てくるんですね。

日焼け止めのランキングでは、成分なども一緒に書いてくれているランキングがありますから、その成分について知っておくことで、自分の顔の肌に合う日焼け止めを効率よく探すことが出来るんです。

日焼け止めを探す順序としては、まず体で試し塗りをして、そこで全く問題なければ顔にチャレンジする、というもの。

皮膚の細胞は基本的に同じですから、アレルギーなんかの反応も顔と体で共通していることが多いです

でも、皮膚の熱さや、摩擦に対する強さなんかは顔の皮膚のほうが圧倒的に弱いので、体で、日焼け止めのある程度の影響を見てから顔に塗る、これが重要なんですね。

日焼け止めランキングでいっぱい出てくる顔の美肌を意識した成分について、ちょっと紹介しちゃいます。

日焼け止め成分以外の項目で売りにしている日焼け止めも最近は多くなってきます。

「化粧水◯◯%以上!」「美肌成分配合!」「コラーゲン配合!」とかなんとか。

日焼け止め以上の効果を謳った商品が多いですが、これに騙されてはいけません。

日焼け止めは、本来日焼けを防ぐことが目的なので、いらない成分を含んでいては、その効果が本来出せる性能よりも低くなってしまうんです。

日焼け止めの成分は法律でどのくらいまで含ませられるかが決まってるので、その他の部分で”良いものを入れていますよ”、とアピールする販売戦略なんです。

もちろん、化粧した上に日焼け止めを塗るってこともあると思うので、いわゆる日焼け止めとメイクの塗り合わせでも安心というのはありますが、最近の日焼け止め次事情から言って、そこまで考える必要はなさそうです。

メイクと日焼け止めは切っても切れない関係なので、日焼け止め開発では、メイクで使用される基本的な成分との塗り合わせは検証済み、というのが普通だからです。

なので、日焼け止めのランキングを見極めるときに”化粧水入り!”なんかの日焼け止めを意識的に選ぶ必要はないんですね。

日焼け止めのタイプも様々に

最近の日焼け止めは様々なタイプが売られるようになっていて、シチュエーションに合わせて凄く便利に使えるようになってきています。

まずはスプレータイプ。

手軽に手を汚さず、メイクの崩れも少ないので、顔用の日焼け止めとしてはよく使われているタイプです。手早く塗り治せるので無香料のものは高校生なんかにもかなり人気があるみたいですよ。

次にスティックタイプ。

リップクリームの大型版のような感じで、手で塗り伸ばさずに塗れるということで、お隣韓国でスタンダードになってきているとか。

とは言え、スプレータイプに比べてメイクが崩れやすいというところでは顔用の日焼け止めとしてはいまいちかもしれません。

このスティックタイプは体用にはかなり重宝しそうです。

そして出ました、ファンデーションタイプの日焼け止め。

化粧+日焼け止めという、一番望まれていたタイプの日焼け止めパターンですね。

日中汗で崩れたりするファンデも、日焼け止めを塗りつつ顔の美肌メイクを維持できるというスグレモノ。

高校生とかの化粧不要な事情では活躍どころが少ないかもですが、社会人なんかで外回り営業なんかではかなり重宝されている模様。

日焼け止めランキングなんかでもバッチリこのタイプの評価があるので、要チェックです。

1000円以下の日焼け止めは良くない?

日焼け止めは価格やランキングで高いほうが良いというイメージがあると思います。

いろんな美肌成分を配合していたほうがお肌に良いと思われていたり、配合されてる日焼け止め成分がより良いもの、という感じの印象があるからですね。

もちろん、そういう美肌成分を含んでいたり、良い日焼け止め成分を使っているものもあります。

しかし!全部が全部良いものを入れているというわけではないんです。

たとえばコラーゲン配合!なんていう日焼け止め結構ありますが、美肌効果としては疑問が大きい種類だったりします。

コラーゲンが肌から吸収されるわけではないのと、メイクや、日焼け成分が混ざっている中で、コラーゲンが吸収されやすいか、という点で怪しいからですね。

でも、コラーゲン配合の分はちゃっかり値段に反映されていたりします。しかもそのおかげでランキングで高かったりしますからね。

そしてコラーゲンの含有量も書かれていない場合がほとんどで、じっさいどのくらい入れられているのかはメーカーのみぞ知る、です。

なので、高級な日焼け止めと言えども、1000円以下の日焼け止めに劣ってしまうことだってあるんですね。

なので、1000円以下だからとばかにするのはまだ早いんです。

日焼け止めの役割と、正しい日焼け止めランキングの見極め方で、1000円以下でも最大の効果を得られる日焼け止めはあるんです!

1000円以下日焼け止めの実力

1000円以下の日焼け止めの実力はどうなのか、っていうところが気になってきます。

日本の有名化粧品メーカーでも、有名所から1000円以下の日焼け止めが出されているんですね。

メイドインジャパンの信頼性!これで 1000円以下のコスパ!これなら文句はない!という日焼け止めをランキングから見つけてきましたよ!

「資生堂 レシピストシリーズ日焼け止め」

日本の化粧品メーカーで老舗の資生堂から、サラッとなめらかな化粧水タイプの日焼け止めが1000円以下の価格で販売されています。

成分にはヒアルロン酸などの美容成分が含まれていますが、特段強調するようなセールス文句はないという老舗の余裕感。

1000円以下でも日本の老舗メーカーの日焼け止めが販売されているというのはかなり心強いです。

そして気になる紫外線対策の効果はSPF50+・PA++++という、最強日焼け止めクラス。

1000円以下ランキングでもよく出てくる優秀な日焼け止めとして有名だったりします。

「スキンアクアシリーズ ロート製薬」

1000円以下で購入できるランキングでも常連の、安心の製薬会社から販売されている日焼け止めです。

化粧品会社ではなく、成約空き者から出ているという点で非常に安心感のある日焼け止めです。

もちろん日焼け止めの効果はSPF50+・PA++++。最強クラスの日焼け止めな上に、無香料、無着色、鉱物油フリーという、かなり肌への影響を最小限に抑えた製品となっています。

無香料や、無着色という点では、付けていてもバレにくく、香水などのおしゃれの邪魔にもならないので、高校生から社会人まで、幅広い層で人気ある商品になっていますよ。

1000円以下といえども、非常に質の高い商品が、安心のメイドインジャパンで作られているというのが日本の日焼け止めランキングの強みでもあるんですね。

1000円以下の日焼け止めランキング

さて、日焼け止めランキングの見極め方としては1000円以下でも優秀な日本製の日焼け止めがあることが分かりました。

そこで1000円以下の日焼け止めランキングを見極めるにはどこを見ればバッチリかを考えていきましょー!

”天然成分”

1000円以下でも、美肌成分が含まれている商品もあるんです。

「コパトーン パーフェクトUVカット ジェルクリーム」

  1. カワラヨモギエキス
  2. モモ葉エキス
  3. キダチアロエエキス
  4. カンゾウエキス
  5. ビタミンE誘導体配合

こういう薬用でも使われる種類の天然成分エキスなどが入っていて、お肌の健康に一役買ってくれます。

こんなエキスが含まれていて、1000円以下を実現しています。

ランキングでいい口コミがたくさんあったとしても、アレルギーが出る可能性もあるので、この手のタイプの日焼け止めは必ず試し塗りが必須ですよ!

「スキンピースファミリー UVジェル」

石油系界面活性剤や合成香料、合成着色料、鉱物油、シリコンなどの人工成分が含まれていない、話題の無添加系の日焼け止めです。

無添加なので、メイクの塗り合わせでもお肌に負担をかける心配がなく、オールマイティに使えるのが心強い日焼け止めが1000円以下!

天然ハーブ由来の植物油を配合していて、虫よけにも効果があるという、夏には重宝する、1000円以下の日焼け止めランキングでも上位に入って来ちゃいます!

アルコール分が入っていないのは子供でも安心の日焼け止めで、お母さん方にも人気のコスパ日焼け止めアイテムとなっています。

1000円以下の日焼け止めランキングでも、実用性に飛んだいろいろな種類の日焼け止めが発売されていて、高ければいいっていうものでもないのが日焼け止めランキングのなかなか難しいところなんです。

ただ単に高級な日焼け止めを変えばいいと思っているそこのあなた!

日焼け止めランキングに必要なのはコスパですよ!

1000円以下だからといって、それなりの性能だと思っていたら大間違いなんです!

POINT日焼け止めのランキングでニキビ対応のタイプのアイテムが出ていることがあります。思春期の日焼け対策は、ニキビとの戦いでもあるので、お肌に刺激の少ない日焼け止めをランキングから選ぶというのはとても重要なポイントの一つです。また、お肌への刺激と同時に、乾燥対策も欲しいところ。日焼け止めに重要な保湿成分も、ランキングを見極めることで、日焼け止めと相性のいい保湿成分をもつアイテムをあぶり出すことが出来るんです!

ニキビの気になる思春期に使える日焼け止めがほしい

中学生~高校生というと、ニキビの気になる時期だったりします。

ニキビを気にしないという手もありますが、思春期のニキビ跡というのは、将来残ってしまうこともあり、ブラックマヨネーズの吉田さんなんかが大々的に顔のニキビ跡をネタとしてやっていると、思春期の子供には結構響くものがあります。

そんなわけで、ニキビの心配をしてしまう思春期の方のために、ニキビの関係に安心できる日焼け止めランキングの見極め方を提案しちゃいます!

ニキビの原因は乾燥とニキビ菌と言われていまして、お肌の保湿や、ニキビ菌の除去が重要とされています。

顔にも常在菌がいて、その肌質との相性から、どうしてもニキビ菌が発生しやすい人もいて、思春期の心の変化もあっ、本人には悩みのタネだったり知ることも多いんですね。

専用のニキビ薬を使ったりして治っても、日焼け止めみたいな常時つけるケア用品との関係で、保湿や抗菌の効果が薄れてしまったりすると、ほんまつて等ですから。

ニキビ対策特化の日焼け止めランキングっていうのは少ないので、いろいろなランキングでニキビにも安心な日焼け止めの見極め方を知って、ランキングを有効活用しちゃいましょう!

ニキビの原因となる菌

日焼けとともに嫌われるニキビ。その原因は「アクネ菌」にあります。

皮の分泌が思春期に多くなるため、毛穴が皮脂や、角質などで詰まった場合に、その毛穴でアクネ菌などが増殖して、炎症を起こしてしまいます。

その結果、赤ニキビができてしまうわけですが、この皮脂の詰まりというのは、思春期に起こりやすいため、ニキビは思春期の悩みになってしまっているわけです。

アクネ菌と皮脂の関係がニキビを作ってしまう原因なわけです。

となると、日焼け止めは皮脂や角質に加えて更に毛穴を塞いでしまう原因になるので、思春期での日焼け止めの使用はあまり良くないと考えられがちです。
でも一方で、日焼けは肌全体に炎症を起こしてしまうわけで、その肌が弱った状態に加えてアクネ菌が増える環境ができてしまったら。恐ろしいことこの上ありません。

なので、ニキビ対策のために日焼け止めを塗らないというのはあまり効果としては良くないんですね。

では日焼け止めランキングでニキビに効果ありのアイテムを見つけ出すにはどうしたら良いか!

もちろんニキビ専用の日焼け止めランキングを見る方法もありますが、コスパや、自分の肌にあるものかどうかという点で不安が残ります。

日焼け止めに含まれるどんな成分がニキビ対策に効果があるのか、知っておくことで、いろんな日焼け止めランキングから最高のアイテムをもつけ出すことが出来るはずなんです!

ニキビに効く日焼け止め成分を見極める!

ニキビに効く日焼け止めランキングで一番信用してはならないのが「肌に負担をかけない」という項目です。

これは、対してニキビに効果のない日焼け止めをあたかもニキビにも安心して使える日焼け止めとして見せるための、言わば詐欺ランキングです。

なので、この表記をしているランキングは一切信用してはいけません。

ちょっと考えたら分かりますが、肌に負担をかけないだけでは、毛穴は詰まるし、皮脂もそのままです。

肌に負担がなくてもニキビの進行は抑えられないのに平気で”ニキビに良い”と嘘をついているわけです。信用しちゃダメですよ!

一方で、ニキビの原因となる皮脂の詰まりができやすいかどうかを評価した「ノンコメドジェニックテスト」という物があって、この検査をクリアした化粧品はニキビができにくいアイテムとして評価されていることがあります。

日焼け止めも化粧品の一種ですので、このノンコメドジェニックテストで評価されたものがあります。

皮脂の詰まり対策という意味ではこのノンコメドジェニックテスト済みの日焼け止めを含んでいるランキングはあ

る程度信用しても良いかもしれません。

でも、日焼け止めでニキビ対策をしていると言って良いのはやはり抗菌作用のある日焼け止めでしょう。

アクネ菌などは皮脂内に入って増殖するので、この皮脂に対して抗菌出来る日焼け止めが一番ニキビには効果的と言えます。

なので、日焼け止めランキングを見極める一つのポイントとしてはこの抗菌作用を含む成分が入っているかというところですね。

でも抗菌作用は肌に負担をかける可能性もあり、アレルギーなんかも考えて、試し塗りが絶対必要になります。

でも、試し塗りで大丈夫だった場合は、抗菌作用で、ニキビも日焼けも防げるという一石二鳥の万能アイテムを見つけられることになるので、ぜひお試ししてほしいです。

抗菌成分を含む日焼け止め

ハマメリスエキス
ハマメリスの葉、樹皮から得られ、収れん、創傷治癒、ニキビ治療にも使われる。
シコンエキス
多年生草木ムラサキの根から得られ、シコニン、アセチルシコニンを含み、創傷治癒、乳腫の抑制、抗菌・殺菌作用がある。
オウバクエキス
オウバク(黄柏)の樹皮から得られ、アルカロイド、ステロイド類を含み活性酸素除去、抗菌作用がある。
ユキノシタエキス
ユキノシタの全草より得られる。アントシアン、クエルシトリン、クエルシトリンを含み、抗菌、消炎作用がある。
セージエキス
一般にサルビアと呼ばれるセージの全草から得られ、抗菌、収れん,血行促進、抗炎症作用がある。

化粧品や、ニキビ治療薬などでも使われているこれらの有効成分を含んでいれば、抗菌作用としてはかなり期待できると言えます。

どれも天然の植物由来の成分なので、肌への刺激は少ないのがポイントですよ。

これらの成分に目を光らせて日焼け止めランキングを見ていくと、結構これらのエキスを配合してある日焼け止めは多く見つかるので、その中から自分の肌に合う日焼け止めを探し出しましょう!

日焼け止めの必須成分の保湿作用

日焼け止めは肌を守るという意味で、紫外線を和らげる効果とともに、肌をいい状態にするということも重要なのはもう常識だと思います。

そして、日焼け止めの必須の成分と言える、保湿効果を持つ成分は、当たり前のようにあらゆる日焼け止めに含まれているんです。

保湿ランキングなんていうのもあるくらい、メジャーな成分で、その性能が重視される保湿成分。

では日焼け止めに含まれる保湿成分と、化粧品に含まれる保湿成分とでは、どんな違いがあるのでしょうか?

まずは保湿成分の役割をおさらいしておきましょう。

保湿成分は、健康な肌に含まれる訳20%~30%くらいの水分を守るのが目的です。

20%以下になると、乾燥肌と言われる状態になって、人に依ってはカサカサやかゆみが発生したりするあれですね。

若いうちは、保湿作用がバッチリで、あまり乾燥肌は気にならないような人もいますが、年齡を重ねると、保湿はかなり気になってくるのが現実。

日焼け止めにも、保湿成分が含まれています。

化粧水などとは違って、日焼け止めと保湿という2つの役割を担う必要のある日焼け止めと、化粧品とでは保湿の精度が違ってくるんですね。

代表的な保湿成分とともに、日焼け止めランキングで保湿の精度を見極めるための方法をお教えしちゃいます!

日焼け止めと化粧品の保湿成分の違い

保湿のイメージとして、いろいろな意見があります。

油分で水分を塞いで蒸発しないようにする、とか、水分を与えて潤う状態にしておくとか。

実はそのイメージ、違うんですね。

油分で肌をコーティングしても、肌から出ていく水分全てを防ぐことはできないんです。

油分の隙間とかから水分が出ていってしまうんですね。では水分を肌に与えるのはどうか?これも肌の保水性が低ければ与えても逃げていってしまう、いわゆるざる状態なので、的確とは言えないのです。

そこで注目されるのが、肌の保水力や、保湿成分自体の保水力なんですね。

保湿のランキングでは、この保水力を持った成分なんかに注目して、保湿力の高い日焼け止めや、化粧品の評価をおこなているのが普通なんです。

日焼け止めと化粧品の保湿成分の違いは、どの程度含ませているかという点と、どんな種類の保湿成分を含ませているかという点になります。

保湿の3大成分に、「ヒアルロン酸」「セラミド」「コラーゲン」とあるのはご存知でしょうか?

この3つの保湿成分は、人の肌にもとからある成分で、保湿のための成分としては一番適していると言われています。

化粧品でも日焼け止めでも、この3つがたくさん含まれていればそれでいい、なんて考え方をする人がいますが、それはちょっと考えが甘いです。

この3つの役割をしっかりと理解した上で、日焼け止めに最適な成分を含むものをランキングから見極めることで、最高の保湿が可能になるんです!

日焼け止めに最適な保湿成分は?

保湿の3大成分の役割を知って、日焼け止めにピッタリの保湿成分でランキングで優秀な保湿日焼け止めを見極めていきます。

まずは日焼け止めランキングでもかなりよく見られるワードの「ヒアルロン酸」

ヒアルロン酸は、肌の深いところにある真皮でクッションの働きをしている成分です。

1gあたり、6リットルもの水分を含むことが出来るという、強力な保湿性があって、保湿と言えばヒアルロン酸というイメージがあるんです。

年齢とともに減っていくという特徴もあって、この成分はしっかりと補っておくことが重要になるんですね。ランキングでも常連のワードです。

ただ、真皮で活躍するには分子が大きいため、肌表面で保湿を補助するという役割が一番かもしれない成分です。

日焼け止めの成分としては、肌表面で活躍して紫外線を防ぐという目的に合う、日焼け止めに入っていれば寄り高い日焼け止め効果を発揮する相棒的な保湿成分です。

次にセラミドですが、これは種類が多く、動物性や植物性、人型なんていう物もあり、効果が違うのが難点で、パッケージにも分かりづらい書き方しかされていないというのが更にややこしい保湿成分です。

このセラミドを勧めているランキングで、いまいちよくわからないセラミドの説明をしているとしたら、そのランキングは信用しないほうが良いです。

素人がなかなか理解できないまま、セラミドを良い保湿成分としてランキングにして紹介してるわけなので、嘘っぱちがたくさん出てくるからですね。

このセラミドという保湿成分は肌に浸透して中から水分を保つ、まさに保湿という意味でとても優れた成分になっています。

では日焼け止め成分としてはセラミドは役に立つのかな?

最近の日焼け止めは、紫外線反射材が白浮きしにくくするために、ナノ粒子化した材料を使っていることがあります。

このナノ粒子化した日焼け止め成分が肌の奥に浸透するのはあまり良くありません。

つまり、セラミドのような保湿成分が含まれていると、この紫外線反射材も肌の奥に入り込みやすくなる可能性が疑われるので、日焼け止め成分と合わせるのはあまり良くない可能性があります。

なので、セラミドは良い保湿成分ですが、日焼け止めとの塗り合わせはあまり良くないというのを念頭に置いてランキングを見極める必要があります。

そしてコラーゲン。

このコラーゲンは、ヒアルロン酸と同じく、大きな分子で、水分を多く含めることのできる保湿成分なんです。

コラーゲンは皮膚の中で作られたものしか肌が受け入れないので、外から塗って補給する、というよりは、その性質から、保湿に使われるというのが一番いい使い方のようです。

ヒアルロン酸と同じく、肌の表面で紫外線を防ぐという役割に置いては、日焼け止めの成分とマッチした保湿成分と言えるのです。

この3つの成分の打ち、日焼け止めランキングを見極めるのに必要な成分はコラーゲンとヒアルロン酸、これを覚えてしっかりと良いものを選べば、もう日差しは怖くないものになるのです!

POINT日焼け止めランキングの中でも注目されているのが、ウォータープルーフなタイプの日焼け止めと、飲む日焼け止めなんです。夏は特にウォータープルーフな日焼け止めが重宝されるので、これはもう鉄板の日焼け止めランキングの一つと言っていいでしょう。もう一つは最近現れた、飲む日焼け止めですが、これは表現としては誤りなので注意して欲しいところです。この2つのランキングをしっかりと見極められるようになりましょう!

夏の日焼け止めはウォータープルーフが最適

夏になると必ず現れる、新商品の日焼け止めランキング。

ウォータープルーフ製品が特に多くなってくるんですが、日焼け止めとウォータープルーフの関係をちゃんと分かってランキングにしているところて案外少ないんです。

素人が作ったウォータープルーフの日焼け止めランキングを信用してしまうと、今後の日焼け止めの見極めに影響が出てしまいますので、要注意です。

きちんとした知識を持ってウォータープルーフタイプの日焼け止めを選ぶようにしましょう。

また、最近では飲む日焼け止めなんて言う商品も出てきていますが、これは正直いって、かなり胡散臭い商品ですね。

日焼け止めランキングをしっかりと見極めて、ウォータープルーフでも、飲む日焼け止めでも、バッチリ対応できるようにしましょう!

夏の恐ろしい日差しはウォータープルーフが必要

今年も日本では熱中症が駆け巡りました。

熱中症はほんとに危ない症状ですし、日焼け止めで何とかなるようなものではありませんので、ときたま見かける日焼け止めで熱中症を防ぐ!というのは完全なガセなので、絶対に信用できないランキングです。

熱中症には熱中症専用の対策が必要になるので、絶対にそんな日焼け止めランキングにだまされないようにしてください。

ではウォータープルーフタイプの日焼け止めが必要になるのはなぜなのか!?
夏の日本の環境は高温多湿のため、汗がかなり出るというのが実情です。

その汗で日焼け止めが落ちてしまうので、夏のウォータープルーフの日焼け止めは必須となっているんですね。

汗自体は体を冷やす生理反応なので、制汗剤などで汗が出ないようにする、というのは熱中症になる可能性があるので、できれば避けたいところ。

でも汗で日焼け止めが流れてしまっては肌へのダメージが怖いというのも事実。

そこでウォータープルーフの日焼け止めなんですね。

きちんとした日焼け止めランキングではこのウォータープルーフと熱中症の関係をきちんと考慮に入れたおすすめラインナップになっているので、見極めるときには重要なんです。

まずは夏の日焼け止め対策では汗を書いても落ちないウォータープルーフを選択する、というのをしかり覚えておいてください。

ウォータープルーフの日焼け止め

日焼け止めでも、ウォータープルーフを謳ったアイテムは普通の日焼け止めと何が違うのか?

気になるところですよね。

ウォータープルーフタイプの日焼け止めは殆どがシリコン油類を成分として含んでいます。

これは、高い撥水性(水を弾く性質)があるためで、化粧品なんかのウォータープルーフにもこのシリコン油類が使われています。

ウォータープルーフタイプと普通の日焼け止めとの違いはこのシリコンが含まれているかいないかという部分が大きく違うのです。

汗や、プール、海なんかでも日差しを心配しないで済むのが良いところではありますが、成分の内容を理解してランキングを見極めないと、変なアイテムを掴まされてしまいます。

シリコン油類を含む化粧品、日焼け止めの取扱いは、ウォータープルーフタイプではないアイテムの取扱とは異なります。

最近では水で落とせるというタイプの日焼け止めも出てくるようになってきていますが、基本はしっかりとクレンジングで落とすことです。

撥水性能の高いシリコン油類なので、やはりどうしても水だけでは肌に残ってしまうので、そこから肌荒れなんかを起こしてしまうんですね。

テキトーな日焼け止めランキングではこの点を誤解していて、「水だけで十分に落とせます」なんていう案内をしていたりするので要注意。

もう一つの注意点は、ウォータープルーフの日焼け止めは1年中使うのはおすすめできないという点です。

これは、シリコン油の特性で、本来の保湿のために行う、肌表面を潤すための汗までも弾いてしまい、湿度が低いと、そのまま乾燥肌になっていてしまうからです。

つまり、簡単に言うと、冬の乾燥した時期にウォータープルーフの日焼け止めを塗ってしまうと、酷い乾燥肌になってしまう可能性があるのです。

「1年中使える」なんて平気で書いてある日焼け止めランキングには要注意なんです。

真夏の日焼け止めランキングの見極め

高温多湿の季節に合わせた日焼け止めを選ぶために重要なポイントをまとめておきますね。

  • まずは夏は高温多湿だからウォータープルーフタイプの日焼け止めを選ぶべし。
  • ウォータープルーフタイプの日焼け止めにはシリコン油類が含まれているので、1日の終わりや、塗り直しの際には出来る限りクレンジングを使ってシリコン油類を徹底的に落とすべし。
  • 夏専用の日焼け止めなので、乾燥する冬なんかの季節ではウォータープルーフタイプの日焼け止めは使わないようにするべし。

大きく分けてこの3つですね。

日焼け止めはたくさん出ていて、どれが良いのかわからない状態の日本ですが、それを良いことに、大して知識のない人まで日焼け止めランキングを作ってしまっている状況です。

どのランキングがちゃんとした知識に基づいてランキングを作っているか、ちゃんと見極めて良い日焼け止めを選ぶのです!!

飲む日焼け止めが出てきましたよー

「いちいち塗り直すのが面倒臭い」

「内側から日焼けしないようになりたい」

「塗る日焼け止めは効果ない」

こんなご意見があったのか無かったのかわからないですが、飲む日焼け止めランキングなんていう飲むタイプの日焼け止めのランキングが出てきています。

本当に飲むだけで日焼け止めになるの?と思う人も多いと思います。

このランキングを見極めるには、肌のターンオーバーとか修復機能とかをしっかりと理解する必要があるんですね。

結論から書いちゃうと、「飲む日焼け止め」は言葉のあやで、塗る日焼け止めとはぜんぜん違うものなんです。

例えて言うなら、塗る日焼け止めが防水タイプなら、飲む日焼け止めは、濡れてもすぐ乾くタイプ。

でも例えとは違って人の肌なので、飲んでいれば日焼けしても元通り!という訳にはいかないんです。

正直言って、この飲む日焼け止めの表現は、いずれ規制の対象になる可能性があると思ってます。

というか、すでにオンラインのちゃんとしたショップ(楽天市場など)などでは、すでに「飲む日焼け止め」という広告表現をNGワードとして指定しているようです。

また、薬事法違反というはっきりとした見解を出すところもあり、「飲む日焼け止め」という表現が消えるのも時間の問題になりそうな勢いです。

ただし、表現は誇張があっても、日焼けに対する効果がないニセモノの薬と言うわけではないので、ご安心を。

でもこれさえ飲んでおけば日焼けは心配無用、というわけではなく、塗る日焼け止めと一緒に使うことで効果が高まる、というイメージなので、その点をしっかりと覚えておいてください。

飲む日焼け止めは効果がないの?

では飲む日焼け止めは効果なしなので、飲む日焼け止めのランキングは全部ウソ!?って思っちゃうところですが、そうではないんです。

日焼け止めというよりは日焼けを早く治すのに良いサプリ、って感じで、悪いものではないんですよ。

飲む日焼け止めは、日焼けによて起こる炎症や、その後に肌が黒くなるのを防ぐ効果を持っているんです。

詳しく言うと、活性酸素が炎症を起こすところで割り込んで、活性酸素の影響を少なく押さえることが出来るというわけです。

日焼けで起こる肌へのダメージを抑えてくれるといった感じですね。

でも、忘れてはならないのが、日焼けは肌へのダメージだけではなく、DNAへのダメージもあるということ。

飲む日焼け止めは紫外線をブロックするのではなく、紫外線のダメージを和らげるだけなので、DNAへのダメージは筒抜けなんですね。

なので、日焼け止めというよりは、日焼けが治りやすい、といったほうが良いわけです。

飲む日焼け止めのランキングで良いものを見極めるには、このポイントを踏まえておくことが大事なんですね!

もし日焼け止めランキングとして、飲む日焼け止めと塗る日焼け止めをごっちゃにしてるものがあれば、それは全く無知な人がテキトーに書いたランキングなので、無視してしまいましょう!

飲む日焼け止め専用のランキングから良いアイテムを見極めるようにしましょう。

飲む日焼け止めを見極める!

飲む日焼け止めは、紫外線をブロックできないで明日が、塗る日焼け止めとの相性はバッチリです。

塗る日焼け止めでも、100%紫外線を防げるわけではなく、どうしても漏れてしまうことがあるんですね。

そんな塗る日焼け止めで防ぎきれなかった紫外線の影響を最小限に抑えることで、飲む日焼け止めは塗る日焼け止めと良い相棒になれるんですね。

飲む日焼け止めランキングでは、この点を重視してアイテムを見極めるのが一番のポイントなんです。

ではどんな成分が飲む日焼け止めとしてランキングで優秀か、知っておきましょう!

「ニュートロックスサン」

「飲む日焼け止め」という名前の由来になった、活性酸素のダメージをを引き受けてくれる成分です。

ポリフェノールの一種で、毎日摂取することで体内で活性酸素に対する耐性がつくみたいで、紫外線による活性酸素の発生に対して効果があるとのこと。

「ファーンブロック」

こちらも紫外線による活性酸素の発生に対しt抵抗力を高める成分で、日焼けに対しても効果を発揮する成分です。

この他にも、日本ではおなじみの「クコの実」や、トマトに含まれる成分「リコピン」なんかも、高い活性酸素への耐性があるとして有名ですよね。

最近の外国の研究で、この「ニュートロックスサン」と、「ファーンブロック」の2つが大きく取り上げられたことで、飲む日焼け止めという言葉が流行り、こぞって使用されるようになったわけです。

そして日焼け止めランキングにもこの飲む日焼け止めが出てくるようになったわけですね。

なので、日焼けによる活性酸素の発生に対しる対抗策として、飲む日焼け止めの効果は、ちゃんとした研究で保証はされているということになります。

でも間違えてはいけないのは、日焼けを防ぐものではなくて、日焼けを軽くするもの、ということです。

飲む日焼け止めランキングでは、この点をとても重視して見極めるようにしてくださいね。

POINT海で使う日焼け止めは、ランキングの中でも、一番検索されている強力な環境条件だと思います。上からの直射日光に加えて、足元や海面から反射してくる強烈な日光までも襲ってくる環境のため、最強クラスの日焼け止めをランキングから見極める必要があるわけです。そして次いでアウトドア。露出こそ少ないですが、長時間の直射日光を浴びるという点では、気を抜いてはいけない環境です!この2つの環境からお肌を守るためにも、日焼け止めランキングから最強の日焼け止めを見極められるようになりましょう!

アウトドアは想像以上に日焼けのレッドゾーンなんです

夏といえばアウトドアですね。

キャンプとかBBQとか、外の気持ちいい風と空気の中でアクテビティをするのはとても気分が良いですよね!

でも、女子にとっては、太陽が容赦なく照りつける、言わばお肌のレッドゾーンなんです。

女子じゃなくても、お子さんや、色白男子には、かなりのデンジャーゾーンなのがアウトドアなんですよね。

そして特に肌の露出の増える海なんかは、アウトドアのラスボスダンジョン的な存在なんでございます。

そこで、アウトドアという激しい日光環境下でも戦える日焼け止めを見つけ出すべく、ランキングを見極めるためのポイントを探っていきましょう!

赤くなって痛いのが辛いから、日焼け後に美白肌が黒くなってしまうから、皮膚がんが心配、ムラのある焼け方が嫌だから、などなど、日焼け止めの目的は様々ですが、アウトドアに効果的なものはポイントが同じところに集まってくるんです。

これさえ押さえておけばOKな日焼け止めランキングの見極め方を教えます!

アウトドアは日焼けの最強環境

夏のアウトドアのイメージは、晴天直下の、日差しがバリバリの感じじゃないでしょうか?

風もあって、清々しいイメージと共に、照りつける直射日光。

この条件が思いっきりあるせいで、なかなかにアウトドアは日焼け環境としてはハードです。

そうですね、こういう環境での日焼け止めにはPAとSPFが重要になってくるんですね。

UVBとUVAという、紫外線に含まれる光のうち、日焼けに特に関係してくるのがこの2つで、それを防ぐのがPAとSPF。

アウトドアという、最も日光にさらされるアクティビティでは、この2つの数値も最大レベルじゃないと、対抗お出来ないのは明らかなんです。

そう、日焼け止めランキングでしっかりと見ておくべきは、「PA++++」「SPF50+」という部分です。

アウトドアの環境ではこの2つが最低限度の日焼け止めランキングからいいアイテムを見極めるポイントなんです。

「PA++++」「SPF50+」のクラスになると、どれだけ強い紫外線ブロック効果があっても、その差は大きくはないと言われています。

なので、これを基準にしてアウトドアで戦い抜くための日焼け止めを選ぶようにしましょう。

最強クラスの日焼け止めの注意点

「PA++++」「SPF50+」ともなると、紫外線反射材も、紫外線吸収剤も、両方共かなりの量が配合されていることが多いんです。

紫外線反射材の方は、比較的アレルギーになる人は少ないですが、紫外線吸収剤の方は、化学物質であることもあって、アレルギー反応してしまう人もいます。

アウトドアという環境の関係があるので、長時間かつ、強い日差しの中で日光を浴び続けることになるわけで、もしアレルギーがあったりすると大変なことになります。

日焼け止めランキングで良いアイテムを見つけたとしても、試し塗りは必ず行うようにしましょう。

日焼け止めに含まれる紫外線吸収剤で試し塗りが必要なのは、この紫外線吸収剤の性質にあるんです。

紫外線吸収剤は、紫外線のエネルギーをブロックする役目が大きくて、エネルギーを吸収して、壊れるという性質があります。

つまり肌の代わりに壊れるという、身代わり役の成分なんですね。

そして、エネルギーを吸収した紫外線吸収剤は、変質して、多くが肌環境には良くない物質に変わってしまうんです。

そういうのもあって、アウトドアの激しい日光の下では、塗り直しが重要なんです。

アウトドアではなかなか難しいかもしれませんが、紫外線で変質してしまった日焼け止めを拭き取ってから新しいものを塗ることが理想です。

アウトドアで使う日焼け止めの注意点、かなり重要なので覚えておいてください!

アウトドア用の日焼け止めランキングを見極める

海や川、プールなんかを除いた、水の少ないアウトドア環境とそうでない環境で、日焼け止めの選ぶべきポイントが変わってくるんですね。

日光が強く、その分強力な日焼け止めを使う必要があるので、塗り直しが必須。

そのため、ある程度塗り直しやすさもある日焼け止めが、水の少ない環境のアウトドアには向いていたりします。

簡単には拭き取れないウォータープルーフタイプが、夏には最適と感じるかもしれませんが、お肌のことや、使い勝手を考えたときには、必ずしもそうではないんですね。

水の少ない環境のアウトドアでは、防水性の高くない日焼け止めをランキングで見極めることをおすすめします。

逆に「夏=ウォータープルーフ」としているランキングは、日焼け止めの実際を知らない素人が作ったランキングと言えるので、要注意です!

「メイクがどろどろにならないか心配」という人もいると思います。

アウトドアでガッツリメイクしていく人はそんなに多くはないと思いますが、メイク崩れは心配ですよね。

そういう人にもぴったりな、カラーコントロールタイプの日焼け止めなんて言うのもあります。

女性の日焼け止め事情に配慮したアイテムもランキング化されているので、ポイントをしっかり抑えて自分に合った日焼け止めをチョイスしちゃいましょう!

夏の定番=海での日焼け対策

夏だ!海だー!な人も結構いると思うんですが、直射日光の下で、肌露出しまくって泳ぐのに日焼けしたくない、という、あからさまに矛盾した女子のわがままを実現してくれるのがウォータープルーフタイプの日焼け止めです。

海というと、塩分の含まれた水分となりますので、なかなかに侵食性が高くて、泳いでいるとすぐに日焼け止めが取れてしまうということも。

逆に、海にも強い日焼け止めランキングで上位の日焼け止めなら、塩水の環境でも剥がれ落ちにくい可能性は高いです。

でも、その分水では簡単に落ちないため、全身のクレンジングが必要になったりして、結構大変なんですね。

特に激しい動きと、長い時間、海の中にいるサーファーなんかが使う、耐水性と日焼け防止効果に特化した強力な日焼け止めは、かなりしっかり洗わないと落ちないレベルなのだとか。

女子としては必要なときに落ちなくて、不必要なときにすぐ落ちて、日焼け防止効果もバッチリな海にも使える日焼け止めが欲しいって感じですよね。

なので、海のための日焼け止めと言えど、そういった部分の使いやすさをしっかりと見極めるのが重要になってくるんです。

もちろん、スポーツをする人はそういう使いやすさの部分よりも、日焼けを完全に防ぐレベルの日焼け止めランキングから見極めていきましょう。

でもとりあえずはレジャーレベルの海水浴を想定した日焼け止めランキングの見極め方から。

海のための日焼け止め

海のための日焼け止めランキングを見極めるには、日焼け止めの防水成分を知っておく必要がありますね。

ウォータープルーフのところで簡単に説明しましたが、防水成分はほぼシリコンとなっています。

最近では天然成分100%のウォータープルーフなんて言うアイテムも出てきていますが、海で使う日焼け止めで厄介なのは、防水性の高さの点にあります。

水を弾く力の強いシリコンは、肌に馴染みやすく、石鹸で落としにくいなどの特徴があり、これは様々な商品の防水にも使われる、強力な性質なんです。

そのため、天然の成分と比較すると肌に良いとは言えませんが、防水性はかなりのものです。

特に海での日差しは界面からの光の反射などもあって、日陰でも強い日焼けを起こしてしまうレベルの紫外線となります。

海などの、肌への浸透が強い水の環境では、やはりこのシリコン配合タイプが鉄板と言っていいでしょう。

海で使う最強の日焼け止めランキングでも、シリコン配合タイプはかなり人気になっていますからね!

ちょっとでも日焼け止めが弱まってしまうような状況が出来てしまうと、肌にとっては致命的なダメージを負って、後日こんがり状態になってしまえば、シーズン終わりでシミやそばかすの原因ともなりかねません。

また、日本特有の湿度の急激な変化で、乾燥肌を誘発してしまうことがあるんですね。

日焼け止めの失敗と、揮発性のシリコンで肌の水分が持っていかれてしまうのに加えて、海水で更に肌水分を奪われるという結果になってしまうわけです。

この蓄積ダメージが夏が終わって秋に入る頃の乾燥した季節になることで、乾燥肌を発生させてしまうわけです。

なので、夏の海での日焼け止めは、ウォータープルーフタイプの強力なものを選び、かつ、塗り直しを意識した活用をしましょう!

日焼け止めランキングで見るべき、海で遊ぶためのポイントはずばり、お手入れが多少必要でも、高い防水性と、塗り直しのしやすいパッケージ、そして強力なPAとSPFです!

海の日焼け止めランキングを見極める

海で使う日焼け止めをランキングから見極めるにはまずは目的をバッチリ決めましょう。

海で遊ぶ場合、2つのタイプに分かれると思います。

ひとつは海岸付近で海水浴タイプ。

もう一つはガッツリ沖合あたりでマリンスポーツタイプ。

この2つで日焼け止めのランキングからの見極め方は大きく変わってきます。

でも、基本的な部分ではこの2つのタイプで共通してるポイントがあります。

日焼け止めランキングで見極めるべきポイントの一つはPAとSPF。

これがPA++++とSPF50+である所は絶対です。

では、まずは海を軽く楽しみたい海水浴タイプの方から。

海水浴タイプで気をつけるべき点は、直射日光と、海に入った時、そして砂浜での摩擦です。

直射日光は当然として、海側と砂浜側で反射してくる足元サンビームですね。
実はこれ、冬のスキー場で発生する、雪焼けと似たような感じで、足元からの日光の反射は強力なんです。

なので、海でもSPF30以上あれば大丈夫~何ていうのは真っ赤なウソなんです。

絶対にSPF50以上、これは譲れません。

そして、海に入った時はもちろんのこと、砂浜で座ったり、はしゃぎすぎて埋まったりした時に特に気をつけたいのが摩擦による日焼け止めの剥がれ落ち。
シリコンは、水に強いですが、摩擦で落ちてしまうので、海に入った後などはバッチリ塗り直しをしましょう。

海水浴では、ぱぱっと塗り直せることが重要なので、リキッドタイプとか、直接塗れるタイプが人気です。

特に砂が付きやすい状況なので、手に取ってから塗り拡げるというより、フリーハンドで塗れるタイプの日焼け止めがランキングでは人気の傾向にあるようです。

そしてもう一つのマリンスポーツのタイプの方のポイント。

こちらは、海岸の比じゃないほどの日光が降り注ぐ環境です。

全面海の中で、雲もない晴天で行うことの多いスポーツなので、その分直射日光も強烈です。

海面の乱反射による日光も相まって、強烈な日焼けになってしまうわけです。

なので、塗り方なんて気にせず、強力なPAとSPF、そして後からお手入れが大変なほどの強力に張り付くタイプの日焼け止めを選ぶべきなんですね。

まさに日焼けの紛争地帯といえる、マリンスポーツならではの、日焼け事情というのがあるわけです。

強力なものは日焼け止めランキングの中でも「サーファー専用」など、海に関する特集で行っている場合が多いので、そこでポイントを踏まえて見極めるようにしましょう。